スポンサーリンク

朝鮮人学校処置方針-昭和24年10月12日 閣議決定

政治と思想とマスゴミ朝鮮, 強制連行, , デマ

朝鮮学校(ちょうせんがっこう)

在日朝鮮人に対して朝鮮語を用いた教育を行う民族学校(教育施設)のこと。学校教育法上は各種学校(非一条校)に分類されるが、日本の学校制度に準ずる教育体制を採っている。

日本の法律上、これらの教育施設は教育基本法6条・学校教育法1条に基づいた「法律に定める学校」(一条校)には該当しない。
朝鮮学校は全国各地に設置されているが、各校の運営は都道府県毎にされている学校法人によって管理されている
学校の人事・運営は在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)中央本部および朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の支配政党である朝鮮労働党が事実上決定している。
北朝鮮は、朝鮮学校に教育援助費と奨学金を送っている

28都道府県に68校あり、2010年度から漸く一部の都道府県と市区町村からの補助金の削減や廃止が進んだが、文部科学省の調査で2014年度に18道府県から計1億8603万円と114市区町から計1億8591万円も支払われている[69]。なおこういった形で補助金を受けているのは朝鮮学校のみで、経営難の韓国学校などは一条校になって日本の教育課程を遵守する代わりに、国から補助金を受けている

韓国の脱北者団体「NK知識人連帯」は「朝鮮総連系の学校は純粋な民族教育を離れて、金日成、金正日父子を偶像化する教育のみに重点を置くイデオロギー洗脳場である」として、日本政府に対し無償化を適用しないよう求める建議書を提出した

引用・抜粋:wiki朝鮮学校

目次

朝鮮学校への国または地方公共団体の援助は不要

昭和前半期閣議決定等凡例
収載資料:戦前戦後在日同胞の動き 在日韓国人(朝鮮)関係資料 坪井豊吉著 自由生活社編 1975 pp.286-287 当館請求記号:A68-Z-33
——–
https://rnavi.ndl.go.jp/politics/entry/bib00999.php

朝鮮人学校処置方針
昭和24年10月12日 閣議決定

1 朝鮮人子弟の義務教育は、これを公立学校におこなうことを原則とする。
2 義務教育以外の教育をおこなう朝鮮人学校については、厳重に日本の教育法令にしたがわせ、無認可学校は認めないこと。
3 朝鮮人の設置する学校の経営等は、自らの負担によつておこなわれるべきであり、国または地方公共団体の援助は1の原則から当然にその必要はない

金 漢一 (著)
朝鮮高校の青春 ボクたちが暴力的だったわけ 単行本 –
より抜粋

「日曜日は仙台の繁華街で日本人狩り」

2~3人で仙台市内に繰り出し、
(略)
2~3人とカツアゲしても 、目標額に達しないと焦ってくる
なかには給料袋のまま、数十万円もカツアゲしてくる勇者もいる
「おまえそれはひどいんじゃないか?」
「チョッパリにはなにしてもかまわねえ」
警察に捕まった朝高生も、呼び出された先生も、
我々朝鮮人を強制連行した日本政府が悪いんだと、話を政治問題に振り向けると、
バカな仙台の警察官達は、黙りこくってしまい、お目こぼしされる

強制連行は嘘ですからね(怒)

スポンサーリンク