スポンサーリンク

【井上太郎】安倍政権による在日特権の縮小(制限)について

2018年5月3日政治と思想とマスゴミしばき隊, 在日特権, 在特会, ツイッター

より始まる 一連のツイート

2年前の7月から通名の届け出もしくは変更は各自治体にもよりますが 、勤務先または学校等の発行する身分証明書、給与明細書、名札等、通称名で受領している郵便物、診察券、ポイントカード等に「立証書類」が必要です。半年の認知期間を経て安倍政権で厳正化、通名にも根拠が必要になり実質禁止です。


通名使用は一昨年7月から住民基本台帳法に移行により外国人登録証は廃止です。外国人は通名を住民基本台帳に登録でき通名は住民票には記載されるため第三者の閲覧可能です。しかし特別永住者(在日)は特別在住証明書となり通名は住民票に記入されません。通名の意味も必要もないむしろ不利ということ。


通名と通称は当然違います、通名使用の根拠は法律ではなく、入国管理局長通知という単なる事務取り扱い事項です。在日含む朝鮮人の新規通名使用は認めなくなりました。帰化してからの通名使用も法的根拠なく家裁で改名判決が必要です。安倍政権になりこれだけ厳格な処置を施策徹底してきています。


以上4ツイート通り、安倍政権になり在日への優遇策(特権)は見直されています。関連する私のツイートはデマガセと罵られ根拠だせといわれました。徐々に今回のように総務省等行政側から公表されます。住民監査請求により各自治体で確認できることもあります。どうする有田議員・しばき隊、終わったね。

井上太郎 @kaminoishi
「誇り高き国、日本」右翼でも左翼でもない、保守でも革新でもない。ただ日本を愛し、日本と日本国民を守りたいだけ。 根拠を示して真実をつぶやきます。命をかけて日本を守った魂が簡単に知りえない情報を出します。 好きなもの なし 嫌いなもの 嘘 趣味 反日と売国奴を親日愛国にかえること  無宗教

対レイシスト行動集団
(たいレイシストこうどうしゅうだん、Counter-Racist Action Collective、略称C.R.A.C.(クラック)

「レイシストをしばき隊(レイシストをしばきたい。略称しばき隊)」を起源とする日本の市民活動団体。
名前の由来は「レイシスト(差別主義者)」+「しばきたい」と「隊」からの造語であり、在日特権を許さない市民の会などの右派系市民団体を「レイシスト」と断じレイシストをしばく活動を「カウンター」と称して、在特会等への右派系団体に対するカウンター活動等を行っている。主宰者は野間易通。

スポンサーリンク