スポンサーリンク

兵庫県明石市の市長選挙に泉房穂前市長が立候補!完全に税金の無駄!

政治と思想とマスゴミ明石市, 泉房穂, 税金

職員への暴言で辞職 明石市長選告示
https://www.ytv.co.jp/press/kansai/29758.html

職員への暴言問題を受け、前市長が辞職したことに伴う兵庫県明石市の市長選挙が、10日、告示された。

立候補したのは、届け出順に、無所属の元市長で前兵庫県議の北口寛人さん(53)、共産党公認の新人で元兵庫県議の新町美千代さん(71)、無所属で前市長の泉房穂さん(55)の3人。

今回の選挙は前市長の泉さんが、国道の工事が遅れていることについて、職員に「火をつけてこい」などと暴言を吐いたことが問題となり、辞職したことに伴って行われるもので、暴言問題や、2期8年にわたる泉さんの市政運営への評価が争点になるとみられる。

辞職前の泉さんの市長の任期が4月までだったため、泉さんが当選した場合は4月に改めて市長選が行われる。投票日は17日で、即日開票される。

暴言辞職の前明石市長が出馬表明 他陣営からは批判も
2019年3月7日
https://www.asahi.com/articles/ASM3744G4M37PIHB00N.html

出直し選の費用は最大約8千万円。
公職選挙法の規定で、泉氏が当選すると4月に再び市長選がある。この場合、市議選とダブル選になり、最大約1億7千万円がかかる見通しという

目次

泉房穂 とは どんな人物なのか?

1963年8月19日 兵庫県明石市二見町生まれ
兵庫県立明石西高等学校、東京大学教育学部卒業。
日本放送協会(NHK)に入局。
NHKを退職後、石井紘基民主党衆議院議員の秘書を経て、司法試験に合格。
2003年
第43回衆議院議員総選挙に民主党公認で兵庫県第2区から出馬。近畿ブロックで復活
2005年
第44回衆議院議員総選挙でも兵庫県第2区から民主党公認で出馬したが落選
2011年
明石市長選挙に無所属で出馬し初当選。
2017年6月14日
明石駅付近の国道2号の拡幅工事に必要な立ち退きに関し、土地買収交渉における進捗の停滞に業を煮やしたあまり、担当職員に対して「火付けて捕まってこいおまえ。燃やしてまえ。損害賠償を個人で負え」、「おまえら1人ずつ1千万円出せ。自分の家売れ。その金で払うたれ」などと暴言を吐いていた
2019年2月2日
明石市議会による辞職同意の議決が全会一致でなされ、同日付で辞職した。

暴言の前市長が出馬表明

2019年03月07日
暴言の前市長が出馬表明=「もう一度頑張りたい」-兵庫県明石市長選
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019030701138&g=pol&utm_source=jijicom&utm_medium=referral&utm_campaign=jijicom_auto_aja

市職員への暴言問題で辞職した兵庫県明石市の泉房穂前市長(55)が7日夜、市内で開いた支援者向け会合で、市長選(10日告示、17日投開票)に出馬する意向を表明した。泉氏は「明石のために、もう一度頑張りたいと思う」と述べ、選挙で市民の判断を仰ぐ考えを示した。

暴言辞職で退職金1400万円

暴言辞職で退職金1400万円 兵庫・明石前市長「内規で停職相当」
http://news.livedoor.com/article/detail/16093460/

 兵庫県明石市の泉房穂前市長(55)が幹部職員に暴言を浴びせて辞職した問題で、市が泉氏に退職金1396万円を支給したことが1日、分かった。

市の条例では懲戒免職相当の行為をした場合などに支給を停止できるとしているが、市は「内部規定に照らして停職が相当と判断した」としている。

スポンサーリンク