スポンサーリンク

【朝日新聞】皇室のロールスロイスは修理不可で無駄遣いは嘘!

政治と思想とマスゴミ中田絢子, 皇室, 自動車, 無駄使い

朝日新聞
4千万円の宮内庁オープンカー、走行困難に 使用は2回
中田絢子2018年5月1日08時39分
https://www.asahi.com/articles/ASL4Y5GRTL4YUTIL019.html

28年前、即位後のパレード用に約4千万円で購入したロールスロイス社製のオープンカーが古くなり、走行困難になっていることがわかった。2回しか使われていないが、整備用の部品が手に入らず、宮内庁の車庫に眠ったままという。今回のパレードで新天皇、新皇后を乗せる車をどうするか。経費節減が求められる中、政府関係者は頭を悩ませている。

 1990(平成2)年11月12日午後、燕尾(えんび)服とローブデコルテに身を包んだ天皇、皇后両陛下はピカピカの黒いオープンカーに乗り、沿道の人たちに手を振った。昭和天皇の即位の時は馬車だったが、馬は不測の事態で制御困難になるリスクもある。警備上、より安全な車を使うことになり、当時の総理府が購入した。

 車はその後、宮内庁の管理下に入り、93年の皇太子ご夫妻のご成婚パレードでも使われた。だがその後、行事などで用いられたことはない。来年の代替わりで久々の「晴れ舞台」かと思いきや、管理する同庁車馬課によると「すでにメンテナンスのための部品が手に入らず、久しくエンジンをかけていない」。時々職員が車体を磨いているが、車検も通しておらず、公道を走れる状態にないという。


宮内庁のロールスロイス・コーニッシュは本当に修理できない?
2018/05/03 12:25
https://clicccar.com/2018/05/03/586453/

朝日新聞は宮内庁で所有している1991年式ロールスロイスのコーニッシュIII(スリー)について「修理出来ず頭を悩ませている」というニュースを流した。クルマの知識を全く持たない人なら信じるかもしれないけれど、ロールスロイスといえば「壊れない」ことを伝統としてきた由緒あるメーカーである。

真っ先に意見を聞いてみたのはロールスロイスを専門に扱っている『シーザートレーディング』の宮本代表。「この件でいろいろな人から連絡を受けています。結論から書くと、1990年と1991年のコーニッシュは生産台数が多く、部品もロールスロイスの中で最も豊富に出回っています」。

日本に無くても、アメリカやイギリスに問いあわせれば必ずあるとのこと。また、シーザートレーディングで販売するロールスロイスの整備を受けているのは、かつて今回話題になっているコーニッシュそのものを手がけた人だという。「直せないということは100%無いと断言出来ます」(宮本代表)。

とりあえず 記者が反日・反皇室の結果ありきで記事を書く
良く言えば誤報 悪く言えば捏造になるのでしょう、記事を書く前に裏を取りましょう!
おそらく日本で一番有名なロールス販売会社シーザーの社長が言うんだから間違いない 

ロールス・ロイス・コーニッシュ
イギリスの自動車メーカーであるロールス・ロイスが1971年から1996年まで、また2000年と2001年にも生産していた高級2ドアクーペおよびオープンカー(ドロップヘッド・クーペ)である。ベースはシルヴァーシャドウであるが、ボディ共有部分は少ない。なお、コーニッシュは元々ベントレーのブランドであった。そちらはベントレー・コーニッシュを参照のこと。

スポンサーリンク