スポンサーリンク

YAMAHA TRBX TRBX304 TRBX504 TRBX604FM 各シリーズの特徴と比較 

2019年1月7日ベース好きエレキベース, 比較, ベース, YAMAHA

YAMAHA TRBX604FM が2018年1月に 発売され1年がすみました。そこで YAMAHA TRBXの各シリーズについてちょっと書いてみます

YAMAHAのTRBXについて
YAMAHAのエレキ・ベースもシリーズを大きく分けると、、
①BBシリーズ:YAMAHAベースの代表シリーズで、いやゆるジャズベ系のトラディショナルなデザイン(主にパッシブ*アクティブモデルもある
②TRBシリーズ:多彩なプレイスタイルのミュージシャンに支持されるモダンなデザイン(主にアクティブ*パッシブに切り替えできるモデル有

の2シリーズに大別されます。

今回は YAMAHA TRBX 各シリーズについて記事にしてみました。

目次

YAMAHA TRBX 各シリーズの特徴

今回取り上げるモダンなデザインの「TRBX」シリーズはの特徴は
・コンパクトで立体的なボディーデザイン
・細くて握りやすいネック
・パワフルなハムバッキングピックアップとアクティブ回路を搭載

では 各シリーズ個別に解説します
・販売価格が安い(購入しやすい)順です
因みに下の 比較一覧表を見てもらえば分かりやすいですが、、
違いは  ボディの種類  ピックアップの種類 コントロール です
TRBXシリーズの特徴的な部分(基本)には大きな違いはありません

TRBX304

希望小売価格: 43,000 円(税抜)
色:ブラック、ホワイト、キャンディアップルレッド
2013年10月 発売
5段階の「パフォーマンスEQスイッチ」により、様々な奏法に最適なトーンセッティングを瞬時に切り替え可能。スリムなネック形状、立体的にカットされたボディが抜群の演奏性を誇り、プレイヤーの表現力にストレートに応えます。

マホガニー ボディ
メイプル&マホガニー 5ピースラミネート・ネック
2バンドEQ
パフォーマンスEQスイッチ搭載

YAMAHA TRBX304 概要 コメント 感想 評価

 

〇4万円を切る実売価格で メイプル&マホガニー 5ピースラミネート・ネック は驚異的!〇パフォーマンスEQスイッチは かなり面白くて実践的な機能!

TRBX504

希望小売価格: 62,000 円(税抜)
色:トランスルーセントホワイト、トランスルーセントブラック  トランスルーセントブラウン
2013年10月 発売
高級マホガニーを使用し立体的にカットされたボディに、アクティブ・パッシブを瞬時に切り替えられるプリアンプ搭載。 5つの コントロールを駆使した幅広い音作りに応え、さまざまな環境に適応する多機能モデル。

マホガニー ボディ
メイプル&マホガニー 5ピースラミネート・ネック
3バンドアクティブイコライザー搭載
アクティブ/パッシブ切り替え可能
バッテリーアラート機能装備

「イコライザー」がフラットの場合:(500・600シリーズ共に)
音圧・音量は、パッシブ、アクティブ共に大きな変化が無く切り替え時の違和感が少ないです。
500シリーズ600シリーズは ピックアップコイルがセラミックから アルニコになります。*アルニコとは主にアルミニウム(Al)とニッケル(Ni)、コバルト(Co)の3種の合金で、一般的な、セラミックコイルに比べて、音の密度が高く、ウォームな音になります
アクティブながら柔らか目の音が出せます。実売価格5万円台のベースとは思えない!

TRBX604FM

希望小売価格: 72,000 円(税抜)
色:ダークレッドバースト、トランスルーセントブラック、ナチュラルサテン、マットアンバー
2018年1月 発売
音、演奏性、デザイン、あらゆる要素を追求し完璧なバランスに仕上げられた「TRBX604FM」。立体的にカットされたプレイムメイプル/アルダーのラミネートボディ構造が迫力のあるサウンドを実現。3バンドEQ、アクティブ・パッシブ切り替えスイッチを搭載。握りやすくスリムなデザインを施したネックが高い演奏性をサポート。フレイムメイプルトップの木目が高級感のある外観を演出します。

アルダー/フレイムメイプル ボディ
メイプル&マホガニー 5ピースラミネート・ネック
3バンドアクティブイコライザー搭載
アクティブ/パッシブ切り替え可能
バッテリーアラート機能装備

TRBX604FM:高級感あるYAMAHAのマークが金属製

YAMAHAではTRB1000シリーズなどが、がメイプルトップを採用していますが、この価格帯でメイプルトップはヤマハのやる気を感じますね、実売価格は6万円台前半!

比較表

TRBX604FM

TRBX504

TRBX304

弦長 863.6mm
ボディ アルダー/フレイムメイプル マホガニー マホガニー
ネック メイプル+マホガニー5ピース
ボディ/ネック構造 ボルトオン
指板 ローズウッド24F
ナット幅 4弦・38mm
ハードウェアカラー ブラックニッケル (ダイキャスト)
ピックアップ アルニコV x2 セラミック x2
コントロール トレブル、ミドル、ベース、マスターボリューム、 バランサー、アクティブ・パッシブスイッチ、バッテリーアラートLED(背面) トレブル、ベース、マスターボリューム、 バランサー、パフォーマンスEQ

まとめ

個人的には TRBX504 がベストバイなのかと、、思います。
しかし 貴方がパッシブにあまり興味が無いなら、やっぱり実売価格帯を考えると TRBX304 が最良かもしれませんね

スポンサーリンク

2019年1月7日ベース好きエレキベース, 比較, ベース, YAMAHA