スポンサーリンク

wordpress 脆弱性を確認したプラグイン Duplicator 最新バージョンにアップデートを行ってください

雑記, 未分類blog運営, wordpress, アップデート, プラグイン

■脆弱性を確認したプラグイン
 Duplicator 1.2.40以前(2018年9月8日現在「1.2.42」が最新版)

■脆弱性の影響
 第三者に任意のコードを実行される、サイトに任意のファイルが埋め込まれる恐れがあります。
■対応方法(アップデート方法)
 WordPressの管理ページ(ダッシュボード)にログインし、
 [プラグイン]メニュー内[インストール済みプラグイン]から
 最新バージョンへのアップデートを行ってください。

Duplicatorの概要

サイトの引っ越しが、コピーして移すだけなら簡単ですが、その他にも変更をしないとさまざまな問題が発生します。
その問題が発生しないように丸ごWordPressで構築したサイトを丸ごとコピーできるプラグインです。

「Duplicator」は、インストーラーファイルとアーカイブファイルのパッケージを出力し、それを移行先で展開するという仕組みになっています。
小~中規模のwordpressサイトならばかなり便利にサイトのデータや環境をコピーすることができます。
ただし、「スペックの低いサーバーでは動作が不安」という評価もあります。

Duplicator – WordPress Migration Plugin

Duplicatorを使用すると、事前設定されたサイトを作成してリワークをなくすことができます。お気に入りのテーマ、プラグインやコンテンツのセットを何度も手動で設定するのではなく、ただひとつのサイトを設定してそれをDuplicatorパッケージにまとめてください。バンドルされたサイトを取得したら、WordPressサイトを別の場所に何度も移行して、多数の事前設定されたサイトを即座に作成することができます。

スポンサーリンク