スポンサーリンク

反日 出羽の守 大阪大学大学院教授 島岡まな氏不都合な真実は隠蔽します。

政治と思想とマスゴミツイッター, , 島岡まな

島岡まな @manna2010able
大阪大学大学院高等司法研究科教授。刑法担当。専門はフランス刑法。昔は経済刑法、現在はジェンダー刑法研究にシフト。 阪なり会(阪大女性研究者の会)平成25年度会長。全日本おばちゃん党所属。京都96条の会呼びかけ人。特定秘密保護法・共謀罪に反対する刑事法研究者の声明賛同人。

島岡まな教授が「フランスのセクハラ罪」ツイートで隠蔽した不都合な事実
松浦晋二郎ブログ

1992年7月22日の法律で初めてセクハラ罪を規定したフランスでは、その後1998年、2002年、にセクハラ罪について法改正がなされました。
ところがフランス憲法院は2012年5月4日、何がセクハラによる刑法違反行為に当たるか明確に定義する必要があるとして、旧規定は違憲との判断を下しました(注)。
このように「セクハラ罪」規定は「製造元」のフランスにおいてすら憲法院で違憲判断が下されることがある規定であり、人権侵害の危険性が高い規定です。

ところが島岡氏は上記ツイートではフランス憲法院の下した違憲判断について一切触れず、隠蔽しました。なぜならこの事実は島岡氏にとって不都合な事実だからです。

島岡氏は常日頃から、日本の刑法はフランス刑法よりも遅れている、と主張し、日本の刑法を改正してフランス刑法と同じにすべきであるとの趣旨を繰り返し発言しています。従って島岡氏にとって、2012年にフランス憲法院がセクハラ規定について違憲判断を下した事実は不都合な事実でした。そこで島岡氏は上記ツイートでは2012年のフランス憲法院の違憲判断の事実を隠蔽しました。

信号は守る必要なし!!

出羽の守とは

本来は、出羽国(でわのくに)を治める古代~近世の役職。
現代では、「欧米では」「共産圏では」と、すぐに他国などを引き合いに出して日本などの対象物を引き下ろそうとする安易な言説を振り回す人物に対して、揶揄的にこう呼ぶことがある

スポンサーリンク